猫の病気

猫の風邪「猫伝染性鼻気管炎」の感染/症状/予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動物病院で働いていると「猫も風邪をひくの?」という質問を良くされます。

人の風邪とは違いますが、猫ちゃんも風邪をひくんですよ。

今回は、猫風邪=「猫伝染性鼻気管炎」について解説します。

  1. 猫伝染性鼻気管炎とは
  2. FVRの感染経路
  3. FVRの症状
  4. FVRの治療
  5. FVRの予防
  6. まとめ

猫伝染性鼻気管炎とは

くしゃみや鼻水など人と同じような症状の出る猫風邪のほとんどは、猫伝染性鼻気管炎(FVR)と言われる病気によるものです。

FVRは、ヘルペスウイルスによるウイルス感染症であり、感染している猫のくしゃみなどから簡単にうつってしまいます。

一般的な混合ワクチン(3種混合など)で予防できる病気ですが、人のインフルエンザのように、100%感染を防ぐことはできないため、ワクチンを打っていても感染してしまうこともあります。

ただし、ワクチンを打っていれば、感染してしまっても重症化することはほとんどなく、慢性感染にも移行しにくいため、ワクチンでの予防は非常に大切です。

FVRの感染経路

FVRは人の風邪のように「飛沫感染」と呼ばれる感染をするため、感染猫との直接接触がなくても、くしゃみなどで空気中に舞ったウイルスが感染することも多いです。

また、人の手や服を介して感染することもあるので、完全室内外の猫でも感染してしまうことがあり、注意が必要です。

FVRの症状

FVRは人の風邪に似た症状を猫に起こします。

一般的には風邪の症状だけで治まることが多いですが、子猫や免疫力がしっかりしていない猫では、肺炎を併発して重症になってしまうこともあります。

FVRの代表的な症状は以下の通りです。

  • くしゃみ
  • 鼻水・鼻つまり
  • 結膜炎
  • 発熱
  • 元気の低下

FVRに感染した一部の猫では慢性感染に移行してしまうこともあり、その場合は慢性の鼻炎症状が長期間続きます。

FVRの治療

軽度のFVRでは内服薬や点眼・点鼻薬を使っての治療が一般的で、数日で症状が治まることが多いです。

子猫などで、食欲廃絶や高熱などの重症症状が出てしまった場合は入院治療が必要になることがあります。

特に子猫のFVRが疑われる場合、重症になる前に早めに薬を使って抑えていくことが大切です。

FVRの予防

ワクチンで感染の予防や重症化の予防ができますので、まずはしっかりワクチンを打っておくことが必要です。

また、伝搬力の非常に強いウイルスですので、多頭飼いをしている家庭では症状が出ている猫はできるだけ隔離して、飼い主さんが広めてしまわないよう、お世話の際には手指の消毒をしておくことも必要です。

まとめ

FVRは猫に非常に多い病気であり、伝搬力強く一気に広がることが多いため、ワクチンでの予防や早期治療が重要です。

特に子猫はとても感染しやすく、重症化することも珍しくありませんので、早めに治療できるように、風邪の症状には注意してみてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*