猫の病気

愛猫の熱がある/熱が低い~猫の熱がわかるようにしておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

猫を飼っていると、「何か体調が悪そうだな」と感じることもあると思います。そんな時、実はお家でも猫の状態を把握するために、飼い主さんができる身体検査もあるんですよ。今回は飼い主さんができる簡単な体温のチェックについてお話しします。発熱や低体温にお家で気付けるようにしておきましょう!

  1. お家でできる愛猫の体温測定法
  2. 発熱の症状と原因
  3. 低体温の症状と原因
  4. まとめ

お家でできる愛猫の体温測定法

体温計よりも感覚が大切

動物病院では猫の熱は体温計で測りますが、お家で体温計を使うのは難しいです。

お家で猫の体温を測るときにオススメするのは、「手の感覚による体温測定」です。

手の感覚で体温を測る場合に大切なのは、普段元気な時の体温を触って覚えておくことです。

猫は体を毛で覆われていますが、毛がない部分を触ることで熱が高いのか低いのかがわかります。

具体的には、「耳たぶ」「内股(ないこ)」(=お腹~足の付け根の毛のない部分)を触って体温をチェックしましょう。

普段元気な時に、遊びながらでいいので、耳たぶや内股を触っておき、その温度を覚えておくようにしましょう。

耳たぶでの体温チェック

「耳たぶ」は、簡単に触ることができ、温度の変化がわかりやすいというメリットがある一方、発熱がなくても興奮や緊張によって熱くなりやすく、一方で脱水や循環不全などによって冷たくなりやすいというデメリットがあります。

つまり、耳の温度は、熱以外の変動の影響を受けやすいため、本当の発熱なのか判断が難しいんです。

内股での体温チェック

一方で、「内股」は少し温度がわかりにくいですが、発熱以外の影響で温度が変わりにくいため、耳よりも正確な体温がわかります。

お腹を触るのもスキンシップとしては重要ですので、普段から無理のないように触る癖をつけておきましょう。

体温計での体温の測り方

もし、どうしてもお家で正確な熱を測りたい場合は、ペット用の先が柔らかい体温計が必要になります。

猫の体温は脇ではなくお尻から測るので、水銀計では暴れた際に折れてしまう危険があります。

ペット用の体温計は先が柔らかく、10秒程度で測れるので、安全に素早く猫の体温を測ることができます。

動物病院やペットショップで聞いてみるか、インターネット通販で購入しましょう。

ちなみにお尻から測った猫の体温は人よりかなり高く、38~39度が平熱になります。

39度以上ある場合は発熱ですし、38度以下の場合は低体温ですが、低体温の場合は本当に体温が低いのではなく、うまく測れていないだけであることも多いです。

低体温になった場合は、手の感覚による体温チェックも一緒にしておきましょう。

発熱の症状と原因

体を触って熱い場合は発熱しているのですが、熱がある場合には、他にもいくつか症状が出てきます。

発熱が起きた際には、元気食欲の低下だけではなく、呼吸が早い鼻が乾く尿が黄色いなどという症状が出ることが多いです。

元気食欲の低下以外の症状がないこともあるので、何か変だなと思った場合は、体を触っていつもの体温と比べてみましょう。

熱が上がるということは、体の中で強い感染や炎症があったり、熱が逃げられないような状態になっているということですが、発熱を起こす猫の病気は少なくありません。

ウイルスや細菌などによる感染症、肺炎、気管支炎、肝炎、腎炎、全身へ影響する腫瘍性疾患、熱中症などいろいろあります。

熱がある場合は、体の中で熱を発生させる異常がある証拠ですので、早めに病院で治療してもらった方がいいでしょう。

低体温の症状と原因

低体温は体が熱を維持できないということなので、かなり危険な状態だと思ってください。

低体温の猫は、ぐったりして動かない反応が鈍い起こしてもすぐに横になってしまうなど重篤な症状を示していることが多いです。

低体温の原因は、重度の脱水や低血糖、尿毒症、心不全、血栓塞栓症などすぐに命に関わる病気である可能性が高いため、緊急的に病院へ連れて行く必要があるでしょう。

発熱よりも低体温の方が緊急性及び危険性が高くなります

まとめ

愛猫に体温の異常がある場合、体の中で何らかの異常がある証拠です。

猫やヒトを含む動物は、体を一定の温度に保つことで体をうまく機能させているため、それができなくなっているのは明らかな異常だと思ってください。

発熱や低体温があれば、早めに病院で診てもらう必要がありますが、特に緊急性の高い低体温は必ずお家でわかるようにしておきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*