猫の病気

猫の膀胱結石の要因/原因/治療/予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

猫に多い病気の1つに「膀胱結石」があります。人では腎臓の中にできる腎結石が多いのですが、猫では膀胱の中に石ができる膀胱結石が多く発生します。

膀胱結石は日常生活で予防することが可能な病気ですので、膀胱結石についてしっかり勉強して、石ができないよう予防してあげましょう。

  1. 膀胱結石とは
  2. 膀胱結石の症状&診断
  3. 膀胱結石の治療
  4. 膀胱結石の予防
  5. 猫の膀胱結石の要因・原因・予防策まとめ
  6. まとめ

膀胱結石とは

膀胱結石は、尿に含まれるミネラル成分が固まって、膀胱の中に石ができてしまう病気です。

石ができてしまうのは体質的な要因が大きいですが、フードや水も石を作りやすくしてしまう原因になります。

膀胱結石にはいくつかの種類がありますが、猫で圧倒的に多い結石は以下の2種類です。

リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)

リン・アンモニア・マグネシウムがくっついてできる結石です。

アンモニアの原料となるたんぱく質やリンを多く含む肉をたくさん食べるとストラバイトのリスクは高くなりますす。

一方で、野菜も尿をアルカリ性に傾けてストラバイトができやすい尿の状態にしてしまいますので、野菜の取りすぎも良くないです。

シュウ酸カルシウム

シュウ酸とカルシウムがくっついた結石です。

もともと猫にはストラバイトが多かったのですが、ストラバイトを予防するフードが増えた結果、シュウ酸カルシウムが増えるようになりました。

カルシウムを多く含むミネラルウォーターや牛乳、シュウ酸が多く含まれるほうれん草には注意が必要です。

膀胱結石の症状&診断

膀胱結石の症状

膀胱結石は、結石があるだけでは症状を起こさないことが多いです。

結石が膀胱を刺激して膀胱炎を起こすことで、頻尿(トイレに何回も行き、少量の尿を頻繁にする)や血尿などの症状が出てきます。膀胱炎症状を繰り返す場合は膀胱結石の疑いが強くなります。

膀胱結石の診断

膀胱結石は超音波検査で診断が可能です。

尿検査を行うと、膀胱結石の成分である結晶が見つかることもあり、膀胱結石の種類を判別できることがあります。

膀胱結石の治療

膀胱結石の治療は大きく2つに分けられます。

食餌療法

ストラバイト結石は食餌により溶かすことができる結石です。

そのため、ストラバイト溶解食を食べることで、徐々に結石を小さくしてとかしてしまうことも可能です。

ただし、あまりに大きな結石は溶かすにかなり時間がかかりますし、溶けないことがあるので手術が必要になることもあります。

またシュウ酸カルシウムは食餌による溶解が不可能だと言われています。

外科手術

シュウ酸カルシウムや大きな膀胱結石では手術で取り出す必要があります。

全身麻酔により膀胱を切開し、石を取り出します。

取り出してしまえば石はなくなりますが、予防しないとすぐに石ができてしまうので、手術後にはしっかり予防することが大切です。

膀胱結石の予防

膀胱結石は予防可能であり、家での予防が非常に大切です。

[icon image=”point1-1-r”]食餌に注意

最も大切なのは食餌です。

結石の種類によって予防のために必要な食事の種類は変わりますので、食餌療法をする際には結石の種類を調べてもらうことが大切です。

またおやつにも注意して、何をあげてもいいかの科を主治医の先生に聞いておきましょう。

[icon image=”point1-2-r”]水分摂取量を増やす

尿が濃いと膀胱結石の成分も濃くなり、石になりやすくなってしまいます。

そのため、飲水量を増やしてもらうことも、膀胱結石の予防法として大切です。

猫は自分からなかなか水を飲んでくれないので、ウェットフードを食べさせたり、ドライフードをふやかしたりして水分摂取量を増やしてあげましょう。

[icon image=”point1-2-r”]ミネラルウォーターや井戸水は禁止

猫の飲み水には普通の水道水など、ミネラルが入っていない水を与えましょう。

ミネラルウォーターや井戸水などには、カルシウムやマグネシウムなどが含まれており、膀胱結石のリスクを増やしてしまいます。

猫の膀胱結石の要因・原因・予防策まとめ

 

結石ができる要因 原因となるフードや生活習慣 予防策
ミネラルが多い フード 一般フード 結石用のフード
おやつ 肉・骨・牛乳・ホウレンソウなど 動物病院でおやつを相談
ミネラルウォーター・井戸水 水道水・純水
尿が濃い 飲水量が少ない 水飲み場を増やす
ドライフード   ウェットフード    ふやかしフード

まとめ

猫の膀胱炎の原因としてよくみられる膀胱結石。

膀胱結石の中にはゴツゴツとがってとても痛いものもあります。

普段の生活によって予防ができる病気ですので、今まで気にしたことがない人は猫のフードやおやつ、お水などをもう一度考えてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*