猫の病気

猫に危険なもの|食べ物/植物/花/観葉植物/中毒物質とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫に危険な食べ物

一般家庭の中には、猫が食べて中毒を起こしてしまう危険な物質がいくつかあります。中毒は、一度起きてしまうと取り返しのつかないケースもあり、食べないように予防することが最も大切です。

今回は、「家庭で注意が必要な猫の中毒物質トップ10」を紹介します。

  1. 危険な食物
  2. 危険な植物
  3. 危険な化学物質
  4. まとめ

危険な食物

チョコレート

夜間動物病院で受診する猫ちゃんの中毒で最も多いのはチョコレートです。

チョコレートは、大量に食べなければ命に関わるようなことになることは珍しいですので、1粒2粒食べてしまったとしてもそれほど心配はいりません。

ただし、大量に食べてしまった時は、よだれや興奮、呼吸促迫などの症状が出て、ひどい場合はけいれんを起こしてしまうこともあります。

ネギ類

ネギ類(玉ねぎ/ニンニク/ネギ)を食べてしまうことによるネギ中毒も比較的多いです。玉ねぎなどネギ類の毒性は猫によって違うようで、少量だけでも中毒が出てしまうことがあります。

玉ねぎそのものでなくても、玉ねぎを煮込んだ汁などにも玉ねぎの中毒成分が入っていますので、スープやすき焼きの汁にも注意が必要です。

玉ねぎは「溶血性貧血」を起こし、最もよく出て来る症状は血尿です。

生の魚介類

生の魚介類(特にハマグリやマグロ、イカなど)には、ビタミンBを壊す「チアミナーゼ」が入っています。加熱すればチアミナーゼは失活しますが、生の魚介類を大量に食べるとチアミナーゼによってビタミンBが壊されてしまいます。

ビタミンB欠乏症の症状は、ふらつきや神経症状になります。刺身を1枚食べたというくらいでは中毒は出ませんが、たくさん食べると危険ですので、刺身は大量には与えないようにしましょう。

ぶどう

はっきりしたメカニズムはわかっていませんが、猫はブドウによって腎不全を起こすことがあります。感受性に個体差があるようでブドウを食べてもなんともない子もいるようですが、ブドウやレーズンは食べさせない方が無難ですね。

危険な植物

ユリ

猫に最も注意が必要な植物は、ユリです。猫はユリの花びらをかじっただけでも非常に危険な腎不全を起こすと言われています。

ユリは猫にとって猛毒ですので、猫がいる家庭にはユリ科の植物は絶対に置かないようにしましょう。

観葉植物

観葉植物は食べると、猫に中毒を起こすものが多いです。多くは一時的な消化器症状(下痢や嘔吐)で治まりますが、中にはひどい症状を起こすものもあります。

観葉植物を置く場合は、猫が届かない場所に置くか、安全性を確かめてからにしましょう。

危険な化学物質

保冷剤

知らない人も多いですが、固まらないタイプの保冷材は、猫が食べると大変危険な物質です。

固まらないタイプの保冷剤には、「エチレングリコール」が含まれていて甘い味がしますので、猫が喜んで舐めてしまうことがあります。エチレングリコールは猫に重度の腎不全を起こし、中毒によって死亡してしまうことも少なくありません。

凍らすとカチカチになるタイプの保冷材はともかく、固まらないタイプの保冷材は絶対に出しっぱなしにしないようにしましょう。

殺鼠剤

ネズミ対策に置いておく殺鼠剤は、猫にも毒性があります。殺鼠剤には食べると出血が止まらなくなるという成分が含まれていますが、猫が食べてしまっても同じ作用が出てしまいます。

ナメクジ駆除剤

ナメクジ駆除剤にはいくつかの種類がありますが、怖いのは「メタアルデヒド」を含んだもの。このナメクジ駆除剤を舐めてしまうと、けいれんを起こして亡くなってしまうことも多いです。

ナメクジ駆除剤は「メタアルデヒド」を含まないものを選ぶようにしましょう。

解熱鎮痛剤

人の解熱鎮痛剤にはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が含まれていますが、猫はこの成分を代謝できないため、人と同じ量を飲むと中毒を起こしてしまいます。

解熱鎮痛剤の中毒では急性肝不全や急性腎不全を起こすことがあるので、痛みや熱がありそうだからといって、絶対に猫には飲ませないようにしましょう。

まとめ

意外に身近に多い猫へ危険な物質ですが、中毒は治療よりも予防が大切です。

危険な物質に関する知識をしっかり持っておき、中毒物質を愛猫が舐めたり食べたりしないような環境を作っておいてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*