猫の病気

キャットフード おすすめ|危険な原材料/成分の見分け方とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫の食事

もしあなたが、

(商品の謳い文句を鵜呑みにせずに)

優れたキャットフードを自分で判断できるようになりたいと考えているなら・・・

次の内容は、参考になると思います。

目次

  1. デタラメな成分
  2. 危険な成分
  3. 本当の療法食
  4. 愛猫の5年後!?
  5. 私の体験談
  6. 結論

デタラメな成分

粗悪なキャットフードを避けるには・・・自分自身で、原材料を読み解くスキルが必要となるのではないでしょうか。

猫は肉食動物

犬は人間と同じ、雑食。でも、猫はライオンと同じ”肉食”です。

お肉や魚などの動物性たんぱく質は、猫にとって大切な栄養源。お肉や魚がたくさん入っていないフードだと、栄養が足りません。

穀類ばかり

猫は、穀類の消化が苦手。穀類を食べるようなカラダになっていません。

しかし、猫と犬を混同したようなペットフードが数多く売られているのが現状です。

商品の原材料を確認してください。

穀類(小麦粉/米/トウモロコシ/コーングルテン/コーンスターチ/大麦/玄米など)をたくさん使用しているキャットフードは、猫ではなく犬に向いています。

目的はコスト削減

お肉よりも穀類の方が、だんぜん安い。穀類主体でフードを作れば、安い価格で販売できますよね。

ペットフード会社は、購入者のニーズに応えようとしているだけなのかも知れません。実際に、安価なキャットフードはよく売れています。

▶現在のAmazonランキング

 

なぜ安く買えるのか? 答えは、原材料で明らかになるはずです。

危険な成分

ペットフードは、人間の食べ物よりもかなり規制が緩いといわれています。「ほとんど無い」と、警告する人もいます。

4Dミート

病原体を含む廃棄肉を、人間の食べ物で使用したら犯罪になりますが・・・ペットフードなら罪を問われません。

4Dミートとは?

下記の4つのDの頭文字からそう呼ばれる、死骸や危険な廃棄肉を指すランク。(そのほか、内臓/糞尿/羽/口ばしなどを含む可能性あり)

Diseased:病原体をもった…
Disabled:障害のある…
Dying:死にかけた…
Dead:死骸

「4Dミート不使用」の表記や説明が無いキャットフードに、私は手を出しません。

なぜなら・・・

毒性の強い添加物

粗悪な原材料(4Dミートなど)を使用しているキャットフードほど・・・エトキシキン/BHA/BHTなどの、毒性の強い添加物が使用されているリスクがあるからです。

それらの添加物は、原材料の段階で使用されるため、商品の原材料に表記されません。(合法)

エトキシキン/BHA&BHTとは?

ベトナム戦争での使用が問題になった枯葉剤、その原料がエトキシキン。毒性が強すぎるため、農薬での使用は禁止。BHA&BHTを使えば、半永久的な保存が可能。発ガン性物質。

なので私は・・・「4Dミート不使用」、また「エトキシキン/BHA/BHTなど不使用」と表記されたキャットフードだけを選んでいます。

動物性油脂

死んだ家畜/廃棄肉などを集め、大きな容器に投げ込む。機械で細かく砕く。104~132℃で加熱すれば、脂肪や獣脂が浮き上がる・・・

これが、動物性油脂です。

動物性油脂を含んだキャットフードを、私は選びません。

ミートミール

上記の残ったものを加圧し、水分を絞って、粉にする・・・

これが、ミートミール(肉骨粉)です。

◯◯ミールを含んだキャットフードを、私は避けます。

レンダリングとは

動物性油脂/ミートミールを抽出する作業を、レンダリングといいます。

レンダリングは大雑把に行われるので、「何が含まれるかわからない」といわれているのです。

レンダリングの危険性

レンダリングされたものには・・・死んだ家畜の皮革/毛/血液/病原体、飲食店から出た油/生ゴミ、発泡トレイ/包装などのプラスチック、金属/ゴム/ガラス、殺虫剤/農薬/重金属/炭酸カルシウムなど特定できない化学物質、カビなどが含まれているリスクがある。

本当の療法食

たとえ粗悪だとしても安価な原材料を使用し、販売価格を抑えることは・・・ある意味、企業努力なのかも知れません。そこに需要があるから、供給されているわけですよね。

でも、”療法食”を謳い文句にしながら・・・デタラメな原材料を使用し、高い値段で販売していたらどうでしょうか。

自分で判断

いくら動物病院で療法食フードと推奨されていたとしても、私は鵜呑みにしません。

なぜなら、原材料を確認すればそのフードが本物かどうか、判断することができるからです。

日本で一番売れている療法食フードに、まさか穀類/動物性油脂がたっぷり入っているとは思いませんでした。

高い栄養価

食事の目的は、栄養を摂ることです。

猫に必要なタンパク質(肉/魚など)が、しっかり含まれていなければいけません。

負担をかけない

猫も人間も、なにか食べれば消化器官に負担がかかります。かといって、なにも食べないわけにはいきません。

だから私は・・・少量で、高い栄養価をもったフードが理想(負担が少ない)と考えています。

また、毒性の強い添加物を避けることも、内臓の負担を減らすことになるでしょう。

愛猫の5年後!?

毎日の積み重ね”食生活”がもたらす、最悪なシナリオ。それは、3つ・・・

肥満

穀類(糖質)が多く、肉/魚(タンパク質)が少ないキャットフードが原因で、肥満になってしまう。

肥満になると、様々な病気(特に糖尿病)を発症するリスクが増えます。

▶猫の肥満度|BCSチェック&ダイエットできるカロリー計算法とは?

猫の糖尿病

糖尿病

肥満もしくは内臓脂肪が多いために、糖尿病を発症してしまう。

糖尿病は完治することがなく、一生ずっとインスリン注射(毎日)が必要になると獣医師はいいます。

▶猫に多い糖尿病の症状/治療/予防法を勉強しよう

猫のFeLV予防法

腎不全

消化しにくい穀類/毒性の強い添加物によって、腎臓が壊れてしまう。

腎不全は、猫がいちばん命を落とす病気。「5才以上の猫のほとんどが、腎不全を患う」とさえ、言う獣医師もいます。

▶腎不全/慢性腎臓病CKD|その症状や対策、治療内容とは?

猫の腎不全

私の体験談

私とソラヲが、幸せだと感じる食事メニューを紹介します。

簡単&便利に

男の一人暮らし、ということもあり・・・手作りで愛猫の食事を作ろう、という考えはありませんでした。

簡単で便利なキャットフード(固形)を選択。高栄養価でバランスのよいものなら、健康で長生きできるという判断です。

安全を優先

安いフードには問題点が多いと考えているので、値段が高くても安全なフードを選んでいます。購入しているキャットフードは、オリジンです。

食べたいだけあげていますが、全く太りません。毛並み/毛艶は良好。元気に走り回り、健康そのもの。

 

【オリジン】
値段は高いですが、原材料へのこだわりを感じさせるメーカー。

▼オリジンの詳細ページ
https://amazon.co.jp/orijen

でもトラブルが

ソラヲは、ビニールを噛み噛みするのが大好きです。噛むという行為は、本能だし・・・とても大切なことだと考えた私は、いつもそのまま放置していました。

しかしある時、ビニールを噛むだけでなく、食べてしまっていることに気づきます。大変!

また、発情期の疲労/ストレスからか・・・ソラヲが肛門膿炎になった時には、食欲がなくなり、激痩せしてしまいました。

大切な何か

それらの体験から・・・

ソラヲの食事をおろそかにしてしまっている(インスタントで簡単に済ませている)のではないか、と反省するようになりました。

栄養バランスがよいとされる、キャットフード。でも、大切な何かが足りないのかもしれません。

私は、友人に相談することにしました。

天然のもの

友人のおすすめは、生肉。鶏のささ身なら脂分が少ないので、ニキビもできないとのこと。

やはり、天然のものが優るのでしょうか。

私は早速、試してみることにしました。結果は・・・!?

楽しい食事に

楽しい食事のヒントは、”ビニール噛み噛み”にもありました。噛みごたえです。

鶏のささ身を、丸ごとひと塊り。食べづらいから、いいんですよね。

なんと・・・

「とりあえず食べてる」から、「楽しそうにがんばって食べてる」に変わったのです!

野生の血がさわぐのか、いつもお皿からササミを引きずり出し食べてます。

鮮度&品質が大切

スーパーのお肉は・・・生産者や飼育環境の説明がされていないので、私は避けるようにしています。

ネットで探せば、鮮度&品質がバツグンでしかも、お手頃価格の鶏肉を入手することが可能です。

 

▼朝引き鶏の詳細ページ
https://rakuten.co.jp/kobayashi-youkei

こちらの養鶏場は・・・平飼いで鶏を飼育。さばいたら、すぐに真空パック。冷凍せずに、そのまま冷蔵で送ってもらうことが可能です。

私の場合、ささ身を中心に ”冷蔵で”まとめ買い。食べきれない分は、(もったいないですが) 冷凍保存します。

※たたきも試しましたが、表面の調理油がイヤみたいです。

ソラヲの食事例

うちの場合・・・天然のものが主食、キャットフードは栄養補助という位置づけ。

天然のものは、鶏のささ身/かつおのたたきなどを1日1回1種。食べたがる様子/皮下脂肪/毛並み/便秘などを確認しながら、あげる量や頻度を変えています。

キャットフードは、天然食の補助として毎日あげています。食べる量は、本人(ソラヲ)まかせ。

今後の課題

現在のソラヲの食事は、ワンパターンで不自然なものと感じています。きっとまだまだ、改良の余地があるはず。

天然食の種類

天然食のバリエーションが増えれば、ソラヲも喜んでもっと楽しい食事になるでしょう。

栄養面でも、キャットフードに頼る必要がなくなるかも知れません。

食べない時間

常に食べられる状況は、自然界ではあり得ません。

お腹が空いている時間は細胞(サーチュイン遺伝子)が活性して、老化を遅らせることにつながるという話もあります。

結論

先天性の病気なら天命と諦めますが、毎日の積み重ねで愛猫を病気にしてしまうわけにはいきません。

でも、正解はわからないから・・・私とソラヲで、試行錯誤の連続。

明日になれば、この記事の内容も修正するかもしれません。だから、私の話は鵜呑みにせずに、あなたのスキルを磨いてくださいね。

健康で楽しい日々を、愛猫とすごすために。

猫の食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*