猫の病気

猫の毛玉ケア|吐かせ方&効果がある4つの対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヒトにはない猫の病気「毛球症」・・・これは病気といってもいいのでしょうか?

また、嘔吐の原因になるといわれていますが、対策はどの程度必要なのでしょうか。

今回はそんな胃腸の毛球症に関するお話をしていきましょう。

  1. 毛玉の原因
  2. 対処の目安
  3. 4つの対処法とは
  4. まとめ

毛玉の原因

まず、毛玉が胃の中にできてしまうこと自体は、病気なのでしょうか?

これは大なり小なりすべての子にあるもので、生理的なものと考えてもいいと思います。

毛玉ができる原因

猫に毛玉が溜まってしまう最大の理由は、猫の舌にあります。

猫の舌をしっかり見たことがない人も多いかもしれませんが、猫の舌はヒトや犬と大きく違っているのです。

猫の舌にはかなりとがった舌乳頭(ぜつにゅうとう)といわれる構造があります。猫に舐められた時のざらざらの正体、それが舌乳頭です。

猫が毛繕いをすると、抜けた毛は舌乳頭に絡みます。絡んだ毛は「ペッ」と吐き出すことはないため、すべて自分で飲み込みこんでしまいます。

これが毛球のもとです。

つまり、毛づくろいする子はみんな、毛を飲み込んでいるんです。

毛玉はどうなるの?

では飲み込んだ毛はどうなるのでしょうか。

毛は、消化も吸収もしません。そのため、飲み込んだ毛はそのままの状態で胃の中に残ります。

一部の毛はそのまま腸を抜けて便として出ていきます。猫の便を少し割ってみると毛が入っていますので、興味のある人は見てみてくださいね。

腸に行かずに、胃にたまった毛が毛球になってしまいます。腸に行けない理由としては・・・毛の量の多さや長さ、胃腸の運動にあるといわれています。

実際、短毛種の子で毛玉になっている子を、私は見たことがありません。

対処の目安

「毛玉は対処が必要なの?」の答えは、「必要なこともある」です。

毛玉があっても短時間で小さいものであれば、特に対処は必要ないでしょう。症状もおそらく出ません。

しかし、大きくなったり、ずっと胃の中にあれば胃の粘膜を刺激します。

その刺激は嘔吐につながりますし、ひどい場合は食欲不振や腹痛を起こしてしまうこともあります。

ただし、対処が必要になる目安というのは決まっていません。

毎日や2日に1回吐くのが続く場合は対処が必要でしょう。月に1~2回吐くくらいならそれほど必要性を感じません。

その間となると……今のところ、どちらがいいという結論はありませんが、本人が吐くときに辛そうとか、頻繁に吐く場合はやはり対処をしてあげたほうがいいでしょう。

4つの対処法とは

では対処の方法はどうしたらいいでしょうか。

①ブラッシングする

一番いい方法はこまめにブラッシングをして、抜け毛をできるだけ飲み込ませないようにすることです。

これは胃腸の毛球だけでなく、皮膚炎の原因となる皮膚の毛球症の予防にも役立ってくれます。

テレビを見ながらでも構いませんので、できるだけこまめにブラッシングをしてあげてくださいね!

猫の毛玉ケア

②毛球対策フード

毛玉ができやすい子用のフードが販売されているのでそれを食べさせるのも方法の一つです。

これらの毛球対策フードは、繊維質を多くすることで胃腸の動きを良くし、毛玉を一緒に排泄させるためのフードです。

ヒルズの「ヘアボールコントロール」やロイヤルカナンの「ヘアボールケア」などがこれに当てはまります。

③ラキサトーンを使う

毛玉を排泄させるためペースト状のサプリメントです。

パラフィンやワセリンなど胃腸で吸収せず、便の滑りを良くする成分が入っています。

これらの成分は全身に吸収されないため、特に健康に害はなく、毛球を良く吐く子や便通の良くない子ではお勧めです。

④猫草を食べさせる

猫が食べてもいい草で、吐きたい時に食べて吐かせるものです。

先端がツンツンととがった草なので、その形状が口の粘膜を刺激したり、胃の粘膜を刺激することで嘔吐を起こすと言われています。

猫に頻繁に吐かせることがそもそもいいことなのかが分かっておらず(逆流性食道炎や慢性胃炎を起こす可能性がある)、猫草に対する賛否は分かれています。

猫の毛玉ケア

まとめ

猫の毛球。長毛の子では特に注意してくださいね!

あまり吐くようであればやはりしっかり対処してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*