猫の病気

猫の食事|獣医師が推奨する栄養素&キャットフードの与え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫の食事

「猫にとって理想的なご飯って何だろう?」猫ちゃんを飼っていると、ふと思うことはありませんか。

今回のテーマは猫の食事です。

果たして猫にとって、理想的な食事の種類やタイミングというのは、どうなのでしょうか。一緒に見て行きましょう!

  1. 「穀類いらない」はウソ?
  2. 理想的な栄養食
  3. よくある質問
  4. まとめ

「穀類いらない」はウソ?

まずは、猫は完全肉食かという点です。

猫は犬に比べると純粋な肉食に近い動物であり、完全肉食と言ってもいいでしょう。

2015-10-31_132019
<ライオンと同じ肉食>

ただし、もともと穀類を狙いに来るネズミを食べていた猫。昔の猫は、ネズミの内臓を食べることで穀類を取っていたという証拠もあります。

つまり、肉食でも、赤身の肉や脂肪のみを食べていては栄養バランスが崩れてしまうのです。もし与えるなら穀物の入った胃腸などもまとめて与える必要があります。

ですから、スーパーなどで売っている肉や魚だけでは栄養のバランスは崩れてしまいます。

また、猫には腎不全が多いですが、肉や魚に多く含まれているたんぱく質やリンなどは、たくさん食べると腎臓へ負担をかけてしまいます。

そういったことからもわかる通り、完全に肉ばかり食べる生活は、猫の健康にもよくないですね。

理想的な栄養食

猫に必要な栄養成分は・・・全米飼料検査官協会(AAFCO)が、調べて発表しています。

AAFCOは、猫に必要な栄養素として・・・たんぱく質(必須アミノ酸)/脂質/ミネラル/ビタミンとしています。

猫の栄養

これらの成分すべてを満たしているペットフードは、「総合栄養食」として推奨されています。

▼参考:AAFCO DOG AND CAT FOOD
http://www.aafco.org/Portals/0/SiteContent/Regulatory/Committees/Model-Bills-and-Regulations/Reports/MBRC_minutes_Attachment_A.pdf

よくある質問

総合栄養食 or 処方食

ペットフード公正取引協議会が、AAFCOの栄養基準を満たしていると認めたフードのみが名乗れる・・・

総合栄養食は、安心して与え続けることができます。

ただし、病気の猫ちゃんは、総合栄養食によって病気が悪化してしまうことがあります

尿路結石、腎臓病、糖尿病、食事アレルギー性皮膚炎などがある子は総合栄養食ではなく、処方食を食べる必要があります。

ヒトでも糖尿病や膵炎、腎臓病などがあると食事制限が必要なのと一緒ですね。
キャットフード

オーガニック or 一般フード

実は、オーガニックフードと一般フードで、どちらが長生きできるというデータは出てはいません。

少なくとも平均寿命が伸びた一つの要素は、一般の総合栄養食の普及であると考えられるので・・・

総合栄養食であれば、オーガニックでなくても悪くはないでしょう。

ただし、皮膚病の原因の一つに、添加物が影響している可能性が示唆されています。

そういった場合は、栄養バランスのとれたオーガニックフードがいいかもしれませんね。

それから、手作りフードも一つの選択肢ではあります。

ただし、毎日バランスのとれた手作りフードを作るのは非常に難しいです。

時間があって、講習を受けるなどしたことがあり、しっかりと作れる人でなければお勧めしません。

手作りフードは、中途半端には始めない方がいいでしょう。

ドライフード or ウェット

ウェット(缶詰)フードのメリットは飲水量を増やせることと、嗜好性がいいことです。

ウェットフードの方が歯石が付きやすいと言われたりしますが、実際にはそのようなデータはありません。

一方ドライフードは傷みにくく、価格が安いことです。

ウェット・ドライのどちらがいいということはなく、若くて健康な子はどちらでもいいと私は考えます。

ただし、高齢になって腎臓が弱ってしまった子や、尿路結石のある子では、腎臓や尿路結石用のウェットフードで飲水量を増やして、尿量を増やした方がいいでしょう。

それから、パウチなどに入っている半生タイプのフードには、すべてのものではないですが肝臓に悪い添加物が多い傾向にあります。

私は個人的にはあまりお勧めしません。経験上、半生タイプのフードを食べている子では肝臓の数値が高い傾向にあるようです。

時間を決める or 置き餌

できることなら時間を決めて与えてもらうことをお勧めします。そして、時間がたって残っていたら引く方がいいでしょう。

キャットフードの与え方

理由は、鮮度の問題と健康状態の把握のため。

キャットフードは外に出しておくとどんどん酸化しますし、しけって鮮度が落ちます。栄養成分も壊れやすくなるので、あまり長い時間置いておくのは良くありません。

また、食事量だけでなく、食べ方からも食欲や健康状態(たとえばネコによくある口内炎の口の痛みなど)が把握できます。

薬を食事の混ぜて飲ませる時も、時間を決めて与える癖があると、比較的楽に薬を上げることができることが多いです。

猫フードの変更

まとめ

猫ちゃんの健康の基本、食事について解説しました。

その子の性格や体質、健康状態によっても理想的なフードは変わってきます。できるなら、かかりつけの獣医さんと相談しながら決めることをお勧めします。

飼い主さんの無理のない範囲で、食事も考えてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*