猫の病気

猫の呼吸状態をチェックしてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫の呼吸チェック

動物病院で猫を診察している時に、一番危険だと感じるのは「呼吸の異常」です。

基本的に呼吸の異常は緊急性のある病気を意味するため、呼吸の異常を飼い主さんが気付くことは大切です。

今回は、呼吸の異常に気付くために何に気を付けたらいいのかを考えてみましょう!

  1. 正常な呼吸
  2. チェックポイント
  3. 間違えやすい症状
  4. 可能性がある病気
  5. まとめ

正常な呼吸

猫の正常な呼吸は、次のような特徴があります。

①呼吸回数は30回まで
②口を閉じて、鼻もほとんど動かさない
③胸やお腹の動きはゆっくりと穏やか

できれば元気な時の呼吸を動画で撮っておくといいでしょう。

そうすることで異常があった時に正常と何が違うのかを見比べることができます。

チェックポイント

次に、異常な呼吸を見極めるポイントを見て行きましょう。

開口呼吸の有無

猫は、呼吸をするときに口を開けることはありません。

もし口を開けた呼吸をしていれば、呼吸が苦しいなど異常があると考えたほうがいいでしょう。

次に紹介しますが、呼吸困難以外にも開口呼吸をする場合があるので、それとの見極めが大切です。

呼吸困難による開口呼吸は非常に呼吸状態が悪く、一刻を争うことを意味します。

呼吸回数

安静時には、猫の呼吸数は1分間に20回以下になります。30回を超える場合は、呼吸が速い証拠です。

「10秒間の呼吸数×6」で、1分間の呼吸数を測ってみましょう。

努力呼吸

お腹や肩の動きが大きな呼吸は、努力呼吸と呼ばれます。

これは、無意識に行う呼吸と違い、意識的に空気をたくさん吸って酸素を体にたくさん取り入れようとするときに起こる呼吸です。努力呼吸も、呼吸困難の可能性を示唆しています。

舌の色

酸素を十分に含んだ血液は赤色になるため、舌の色がピンクであるということは、酸素が体に足りているということです。

もし舌の色が紫もしくは白っぽくなっている場合は、酸欠(チアノーゼ)の可能性が高いです。

鼻の色がピンクの子では、鼻の色の変化でもチアノーゼがわかることがあります。

チアノーゼは体の酸欠を意味し、非常に緊急性の高い危険な状態であることを意味します。

体勢の変化

呼吸困難を起こしている猫は、できるだけ胸が圧迫されないような体勢を取りたがります。

そのため、犬座姿勢(いわゆるお座りの体勢)を取りたがり、横になろうとしてもすぐにお座りの体勢に戻ることが多いです。

また、前足を曲げて伏せをする「箱座り」の体勢は肺を圧迫しますので、呼吸困難の猫は箱座りできません。箱座りできるのであれば、呼吸に多少の余裕があるという証拠です。

間違えやすい症状

次のような場合は、呼吸が速くなったり、口を開けた呼吸をすることがあるので、呼吸困難と見極める必要があります。

興奮

興奮すると必ず呼吸数が上がり、口を開けて呼吸する猫がいます。

興奮の場合は基本的に、興奮する原因が直前にあるはずですし、落ち着けば呼吸状態も正常に戻ります。

発熱

発熱でも呼吸が早くなり、時に口を開けることもあります。

前回の記事を参考に熱を測ってみましょう。

発熱による呼吸速迫は、呼吸困難に比べると緊急性は低くなります。

ただし、肺炎のように発熱と呼吸困難が同時に起こる病気もあるので、発熱があるから様子を見ても大丈夫だということではありません。

痛み

猫は、強い痛みによっても、呼吸が速くなったり開口呼吸をすることがあります。

どこかかばっていないか、触って嫌がる箇所がないかをチェックしてみてください。

フレーメン

猫に独特の動作として、「フレーメン」という行動があります。

猫は鼻の奥に鋤鼻器(じょびき)と言われる”フェロモンを感じる器官”を持っており、強いにおいをかぐとフェロモンを感じ取ろうとして、口や鼻を広げた変な表情をします。

一過性(数分)で治まるので、少し様子を見て落ち着けばフレーメンだったということになります。

可能性がある病気

呼吸困難は、心臓、呼吸器(肺、気管、鼻など)のどちらかの異常を意味しますが、基本的には緊急性の高い病状だと考えてください。

呼吸困難を起こす病気は、次の通りです。

心臓の病気:心筋症など
肺の病気:肺炎、肺水腫、胸水など
気管支の病気:気管支炎、猫喘息など
喉・鼻の異常:重度の猫風邪(FVR)、喉の腫瘍など

まとめ

呼吸困難は、お家で気付ける最も危険なサインであり、動物びょいんでも最も優先的に診察する状態です。

呼吸困難に早く気付くためには上にあげたポイントを普段から見ておき、いつも通りなのか何か違うのかの判断ができるかどうかが重要です。

呼吸に限らず、普段から愛猫をしっかり観察して、異常に早く気付けるようにしておきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ささ より:

    猫にとっての呼吸の大切さ、が迚よく分かりました
    そして猫の魅力についてのステキなメッセージ❗
    私も本当にそう思います

    1. tadasaka より:

      ありがとうございます!

コメントを残す

*